フォト

クラシック時計

週間天気

花と山野草図鑑

  • wイトラン
    我が家の山野草を主体に一部他の花も記載しています。

春の花(3~5月)

  • aヒマラヤユキノシタ02
    我が家の庭に咲く花と、一部 散歩道で咲く山野草も載せています。

薔薇の花

  • aニコール
    当地で毎年6月に開かれる『バラまつり』で撮ったものです。

山野草の小道

  • 5bラショウモンカズラ
    我が家の庭にある山野草や散歩道で見かけた山野草です。 随時追加して行こうと思っています。

夏の花(7~8月)

  • 7wシラユキゲシ
    我が家の庭に咲く花です。       (一部、散歩道の山野草を含む)
無料ブログはココログ

« ツクバネガキ。 | トップページ | ヒオウギズイセンと ヤブラン »

この時期に ツバメが。o○

お盆も終わって そろそろ9月の声が聞こえる時期なのに・・・


       我が家の車庫にツバメが巣作りしてから

       5カ月が過ぎようとしています。


       今年も2度の産卵と子育てを終えて子ツバメ達は元気に

       巣立って行きました。。。

 ところが、今年は8月に入ってからも 車庫にツバメが出入りしていて??

       先日eye覗くと、なんとまた巣の中に子供が居ました。sign03

2010_08_19_009

         

       今年の猛暑・残暑で秋が遠のいて、まだまだ真夏って感じだからか?


       ツバメは、3度目の産卵子育てですよぉ~。。。


       こんな年は 初めてです。sign03

       巣の中の子ツバメ達も 暑そうですねぇ~sweat01
     

       遅く生まれたツバメ達、

       秋になって無事に南の国へ飛んで行けるのか?


        ちょっと心配な車庫を貸してる ”大家”でした。o○coldsweats01 


                     頑張れぇ~。o○

Gattu

« ツクバネガキ。 | トップページ | ヒオウギズイセンと ヤブラン »

ツバメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
三度目の産卵子育てですか!?
やはり、今年の猛暑のせいでしょうか。
この大きさで、南の国へいけるか心配ですね。
わが家の前の電線には、朝夕は、9羽のツバメ一家が、まだいます。
子ツバメは、相変わらず親に餌をねだっています。
巣立った家族はもといた巣ではなく、他のところで休んでいるのですね。

頑張れ!ツバメさん

アルママさん、 ヽ(^∀^*)ノハーイ♪おはよぉ~★☆

8月の半ばになって、巣にツバメの子が居るのは初めてです。
例年は、もう皆出て行って居ないのですけどね!

ツバメが生まれて巣立った後、しばらくは夕方戻って来ていましたが
そのうち近くの別の所で生活しているようです。
空いた巣に、親鳥が産卵するのでしょうが
いつも思う事は、同じ親鳥が何回も卵を産むのか??
未だに分かりません・・・

子供なら、HNKの”夏休み子供電話相談室”に質問するんですけどねぇ~(笑)
                                           coldsweats01
                  

歌まろさん   こんにちわ

そんなことがあるのですね~ この暑さに3回の子育て・・・
狭い巣では暑いでしょうね。
秋めいてきてはいるのですがこの焼けるような日の光には
閉口です。
行動が出来ないからです。

ツバメのことは良く分からないのですが、本来はとっくに巣立ってるのが本当なんですねか。
この子たちは遅くに生まれたんでしょうか、早く一人前になって無事親離れができると良いですね。
でも3回も子供を産むなんてツバメもたいしたものですねー、感心してます。

hirugaoさん、 こんちわぁ~!ヾ(*'-'*)♪

立秋も過ぎてもy直ぐ9月、でもまだまだ暑いですねぇ~!
ツバメもこの暑さでは大変でしょうが頑張ってますねっ。。。
人間の方がsweat01夏バテかもねぇ~。o○wobbly

えったんさん、 (ノ⌒▽⌒) こんにちは♪

ツバメは例年、9月中旬過ぎには見えなくなりますよ~。。。
だから後一カ月で南へ帰って行くと思います。
今生まれた子ツバメも遠い南国まで飛んで行くとなると
大変な旅だろうなぁ~って思いますね!!
早く巣立って、体力をつけて貰わないとね。o○good

歌まろさん、こんにちは^-^
つばめの子育てはもう何十年も見ていません。
とても心なごむ光景ですね。
3度もヒナを孵すなんて、珍しいですね。
地球温暖化と関係があるのでしょうか。
そういえば「越冬つばめ」という歌を森昌子が歌っていました。
遠い南国にたどり着く前に、何処かに過ごしやすい
場所があるのかもしれませんね。


 こんばんは! 

いや~  ほんと珍しいでねぇ  3回もですかぁ (@_@)

異常気象もあるんでしょうけど  歌まろ宅がよっぽど居心地がいいんでしょうね (^^) 

店子 可愛いっていいますよねぇ~  大家さん! 

おはようございます。

お家に自然の野鳥がいて心和む日ばかりでは
ないですね~時にはこんな心配事もありますね~。

元気に巣立ってくれることを祈りたいです~。

おはようございます。初めまして、naoki/Mと申します。
宜しくお願いいたします。
この時期にツバメが3回も生まれる事、記録に残る事でしょうね
異常気象ですものね。
早く巣立って、南国に無事帰ってもらいたいですね
これからも宜しくお願いいたします。
      naoki/M


sunお早うございます
三度目の子育てですか?
母親はずいぶん体力のあるツバメですね。
人間なら死んでしまいます。

1年に2~3度子供を生むと聞いてましたが、
鳥はすぐに大きくなるのできっと南の国へ帰るときも大丈夫でしょう。
その代わり寿命も短いのですよね。
可愛い雛が~暑いでしょうね!アイスを上げてくださいね!!

歌まろさまこんにちは、
大家さまの車庫はきっと住みここちいいのでしょうね~
それでも同じ燕?
かわいいです。
大家族で南へ渡る日が来るといいですね。

hiroさん、 こんにちは~(^^♪

私も年に3回は初めてでした・・・もう十数年見て来ていますけどね!
温暖化の影響でしょうか?北国も暑いですからねっ。。。
”越冬ツバメ”そうですね、そのうち留鳥になるかなぁ~confident

みなみ風さん、 (ノ⌒▽⌒) こんにちは♪

居心地が良いと言っても、4月からもう5カ月も明け渡している
車庫ですから、そろそろ返して欲しいですよぉ~happy02

yayoiさん、  ヾ(@⌒ー⌒@)ノコンチワ~♪

9月の下旬には南へ帰って行くでしょうが、
そうすると寂しくなるのですよ。coldsweats01
来年の春、また元気で来てくれ~って思うからね!happy01

naoki/Mさん、 こんにちは~(#^.^#)

ツバメもこのところの猛暑で子育ても大変なんでしょうね!
人間だったら年に3回も出産したら エライこっちゃ~ですよね(笑)
秋になって元気な姿で飛び立って行くのを見守って行きます。

   scissors コメントありがとうございました。 これからもよろしくお願いします。m(__)m

花ぐるまさん、 ヽ(^∀^*)ノハーイ♪こんにちは~★☆

寿命も短いって・・・そうなんです!
そう考えると、毎年やって来るツバメは、去年我が家で生まれた子ツバメが
やって来ているのか?
いつも考えてしまいます。
この暑さの中での子育ては大変かもね!
アイスでもあげるって~・・・食べるかな?(笑)bleah

ころんさん、 ヾ(*'-'*)こんー♪

同じツバメか?・・・そこがよく分からないんですよぉ~!
一回に5羽のツバメが生まれますから
3回だと、15羽も巣立って行くんですね!
皆無事に南へたどり着くとイイですけどね。coldsweats01

こんにちわ~

ツバメの産卵二度は聞きますが三度は初めてですね。
大家さんとしましてもハラハラもんですね~。
折角生まれたのですからみんな元気に南の国へ
帰ってもらいたいです。

「秋の実」見せていただきました。
感動しましたよ。

歌まろさん こんばんは

今年3度目の子育て!!鳥って凄いですね
こんなに暑いと帰るとき大丈夫なのか心配ですよね
そのうち南に帰る季節が短くなったりして

この暑い夏を乗り切って欲しいですね!

2つ↑上の 名無しの権兵衛さん・・・

3度目の産卵、同じツバメなら大したものですよね!
少子化が問題の中、人間社会なら勲章物ですよぉー(笑)

「秋の実」 これから実りの季節がやって来ますから
もっと色々な実が出て来ますよーscissors

satukiさん、 ★おはよぉ~★ヽ(^∀^*)ノ♪

今日23日は暦の上では「処暑」だそうです。
暑さも治まる時期って事のようですが、まだまだ暑い日が続きそうですね!

ツバメも、この暑さの中頑張っているみたい・・・
応援しなくちゃねぇ~。o○ scissors

歌まろさん   おはようございます

3度目とはツバメの母親は]さぞかし大変だったでしょう。
暑いと言うことは・・・
とにかく凄い体力ですね~。
大家さんどうぞよろしくね。

hirugaoさん、★おはよぉ~★ヽ(^∀^*)ノ♪

今年の猛暑、巣の中の子ツバメも、さぞかし暑かったと思います!
毎日餌を運ぶ親ツバメもねっ。。。coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツクバネガキ。 | トップページ | ヒオウギズイセンと ヤブラン »